本文へスキップ

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

建設現場の資格図鑑

建設現場の資格図鑑HEADLINE

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者


酸欠などの恐れがある場所で作業の安全を守る

■仕事内容

作業中の酸素欠乏症などを防ぐ 
タンク・暗きょ・マンホール内部や、地下の掘削作業など、酸素欠乏症および硫化水素中毒の恐れのある場所での作業において、作業方法の決定、作業の直接指揮、作業場所の酸素濃度測定、換気装置等の器具・設備の点検などを行う。


■取得方法

講習を受講後、修了試験 
各都道府県の労働局長登録教習機関が実施する技能講習(学科と実技)を受講し、修了試験(筆記または口述)に合格する。
 
なお、旧・酸素欠乏危険作業主任者が酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者を取得する場合、講習科目の一部が免除される。


■詳細情報
受講資格: 特に制限なし
講習科目: 学科=酸素欠乏症・硫化水素中毒および救急そ生に関する知識、酸素欠乏および硫化水素の発生の原因および防止措置に関する知識、保護具に関する知識、関係法令 
実技=救急そ生の方法、酸素および硫化水素の濃度の測定方法
講習日・講習地・受講料: 各地の登録教習機関に問い合わせのこと


■問い合わせ先
各都道府県労働局労働基準部安全衛生主務課または労働基準監督署および登録教習機関 
登録教習機関例:建設業労働災害防止協会 教育部
住所:〒108-0014 東京都港区芝5-35-1 産業安全会館7階
TEL:03-3456-0618




建設現場の仕事